HOME > 痛み・こりについて > ひざ関節痛

ひざ関節痛~はじめに~

《ひざ関節の構造》

ひざ関節は太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)から成る関節で、2つの骨の先端は弾力性のある関節軟骨で覆われています。

関節軟骨は衝撃を吸収して分散させたり、骨同士の摩擦を少なくし動きを滑らかにする働きがあります。

また、関節軟骨と関節軟骨の間には半月板もあり、これも衝撃を吸収する役割を果たしています。

関節全体は関節包という繊維膜で覆われ、その中には滑膜があり、関節液が分泌されます。

関節液は関節に栄養を運び、老廃物を処理する働きと軟骨同士がこすれてすり減るのを防ぎます。

 

《ひざ痛の原因》

これらが上半身の圧力や動作による負担を和らげるのですが、ひざは上半身を支えているうえ、動作に伴う曲げ伸ばしを繰り返しているだけに、負担がかかって障害が起こり、痛みが生じやすくなります。

 

ひざを痛める要因は、加齢や肥満、運動不足による筋力低下、O脚など身体的要因、長時間の立ち仕事や重い荷物の運搬、ひざに負担のかかる運動など物理的要因、合わない靴や硬い路面の歩行など環境的要因が考えられます。

加齢は避けることができませんが、それ以外は改善することができる要因です。

もちろん、加齢であっても、加齢自体には抗えませんが、運動療法で太ももの筋肉を鍛えたりすることで症状を改善することができます。

ひざ関節痛~変形性ひざ関節症~

《変形性ひざ関節症のメカニズムと症状》

ひざの痛みの中で最も多いのが、加齢に伴ってひざの関節軟骨がすり減って炎症が起こる変形性ひざ関節症です。

変形性ひざ関節症では関節軟骨はすり減りますが、軟骨には神経や痛みの受容器がないため、すり減るだけでは痛みません。

変形性ひざ関節症が進み、関節軟骨がすり減ったり、半月板が断裂すると、その欠片が関節内に浮遊し、滑膜を刺激して痛みを伴う炎症を起こし、ひざに痛みが現れるようになります。

そして骨同士が直接ぶつかるようになり、ひざ関節の変形が進んで強い痛みが生じます。

さらに進行すると、骨自体も変形していきます。

変形性ひざ関節症の初期では、動かし始めるときにこわばりや重だるさを感じます。

やがて、こわばりや重だるさは痛みに変わり、そのまま放っておくと関節軟骨の摩耗が進行し、歩行中にも痛みが続くようになります。

さらに悪化すると、ひざの曲げ伸ばしや歩行が困難になります。

 

《変形性ひざ関節症の予防》

しかし痛いからといってひざを動かさないでいると、ひざの筋肉や機能が衰え、ますますひざにかかる負担が大きくなり、痛みも酷くなります。

このような悪循環を繰り返していると、最終的には寝たきりになってしまいます。

そうならないためにも、日頃からひざの負担を減らすよう心掛けましょう。

ひざの痛みに対してはほとんどの場合、運動療法が効果的であることが科学的に明らかになっています。

体重を減らしたり、足に合った靴を選んだり、何気ない日常動作に気をつけることとあわせて、運動で太ももの筋肉などを鍛えましょう。

ひざ関節痛~ひざ関節痛の予防~

ひざ関節痛はほとんどの場合が、姿勢や動作といった生活習慣の改善やちょっとした運動や体操、ストレッチの実践で楽になります。

もちろん、整体やマッサージなどの療法も効果的です。

ちなみに当院の整体は、東洋医学でいう経絡(ツボのライン)に刺激を与えることにより、血流を促進、全身のバランスを整え、こりや痛みを取り除くだけでなく、自律神経を圧迫し乱している筋肉のこりをほぐすことにより自律神経や内臓機能を正常にする働きがあり、人間が本来備えている病気やケガを自然に改善する力(自然治癒力)を高める効果があります。

広島県福山市草戸町にある整体と足つぼマッサージのお店「ポリチェ」では、

 

頭痛、首こり、首の痛み、肩こり、肩の痛み、手足のしびれ・痛み、肩甲骨周辺や背中のこりや痛み、腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、骨盤の歪み、ひざ痛、足のむくみ・重だるさ、冷え性、不眠、便秘、疲労など、

さまざまな症状に効果があったと多くの方にお喜びいただいております。

 

整体&足つぼマッサージ&スクール

Bodycare&Refresh pollice ポリチェ
広島県福山市草戸町5-13-1
TEL:084-953-5069